Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/342-ce6d3372

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    DQ10 Ver1.5の最大イベント

    ……と言えば、やはり現時点における最大最強の敵『真・災厄の王』の討伐でしょう。


    前回の『災厄の王』討伐は、掲示板での募集に乗っかる形で討伐に参加させて頂きましたが、今回はフレンドさんによりメンバーを集めて頂いた形で討伐に参加しました。自分含め何人かは初討伐でしたが、残りは既に討伐経験済。リプレイ報酬も決して素敵なものとは言えない状況なのにもかかわらず参加して頂いた方々にはただただ感謝です。

    私はパラディンで参加。他の方々はパラディンがもう一方と、バトルマスターがお一方、魔法使いがお二方、僧侶がお三方でした。





    挑戦は金曜日の夜。

    『災厄の王』を討伐した時と同様にダンジョンを進み、もう一度『災厄の王』を討伐。さすがに討伐済みの敵であるためか、12分程度で撃破。前回はココまででしたが、今回はココからが本番です。新たに開かれた強敵満載のダンジョンを突破し、最奥の場所で待ち受けていたのは――

    onikon

    ――お前かよ!(゚Д゚)


    これは『DQ10のオープニング映像で流れていた場面』との事です。
    と言う事は、あのOPのパーティーはその後に真災厄と戦ったんだろうか(´ω`)

    おにこんぼうを倒したら真災厄と連戦になるとの事で、敵の体力が赤になったところでMPなどを回復して備えておきます。通常のおにこんぼうより強いボス仕様ではありましたが、所詮はおにこんぼうに過ぎず……それくらいの事をするだけの余裕は充分にありました。

    で、いよいよ本番。オーガの前衛だと迫ってくる真災厄の凶悪な顔をドアップで見続けなければならず、初見だった自分はビビりながら戦闘してました。想像以上に素早い動きで、相撲の途中で抜けられたり、巨体ゆえに画面が真災厄の身体で埋まってしまう事で現在位置の把握に手間取ったり、動きが混乱してしまったりと情けないミスを何度かやらかしてしまいました。

    途中で何度か戦線を崩され、建て直しを計って攻勢に転じるものの時既に遅し。残り15分の時点で敵の名前は白く、残り5分の時点でも黄色い。やがて赤にまで追い込んだものの、そこで画面はフェードアウト……。残念ながら討伐失敗です。全滅させられた訳ではなく時間切れだったのが、逆に「何とかできそうだったのに感」が強くて、余計に悔しかったです(つД`)

    草原に放り出された時、皆がしばらく沈黙状態だったのも無理はありません。しかし、その後――改めて日曜日の夜(ちょうどこのブログを書く直前くらい)にリベンジする事を決定。



    二度目の挑戦。今度はバトルマスターの方が魔法使いで参戦。火力アップを図りました。

    長い長いダンジョンを進み、まずは『災厄の王』から。前回の経験があるから余裕と思いきや、戦線を大きく崩されてしまい立て直しが不可になってしまい、まさかの敗北。しかし、ここで敗北しても扉の前で蘇るためリトライ可能。

    sai


    改めて挑み、今度は15分で討伐完了。トドメの股間ファイアーお見事でした(´ω`)

    さらにその先のダンジョンを進み、おにこんぼうを撃破。ついにリベンジの時が来ました。今度は前回やらかした失敗をしでかさないよう気をつけながら戦いました。前回は早々に戦線を崩され立て直しに手間取ってしまっため時間切れになりましたが、幸いそこまで極端に崩される事はありませんでした。さらに、真災厄がフィールド端の壁に引っかかってジタバタする、いわばハマリ状態になる事が何回かあったのが良かったですね。その隙に魔法使いさん三人でドカドカとケツを砲撃して削れました。そのため残り時間15分前には既にHPを黄色いところまでもっていけて、5分前には赤になってました。そして――

    shinsai

    無事に撃破! 嬉しさと緊張感と興奮でタイムを良く見てなかったのですが、他の方によると27分くらいで撃破出来たとの事です。さすがに動画を配信されてるような最前線プレイヤーの方々と比べると遅いけど、それでも『討伐できた事』自体が成果と言えるでしょう。実際に自分達が一回失敗してしまったように、現時点で最強の敵なのですから敗戦する事も珍しくは無いのです……。



    その後、真災厄を封印する経緯を見届けてからフィールドへ。
    なるほど、確かにあの場面でリプレイ報酬の『ふくびき券』を渡されたら萎えますわな(;´Д`)

    end

    この手のイベントでは定番の記念撮影。真ん中でメガトンハンマー掲げてるグラサンが自分です。
    集まった皆様、本当にありがとうございました。おかげで笑顔でVer.2.0を迎える事が出来そうです。

    今後は自分が『まだ未討伐の誰か』を助ける役割を出来たら良いなと思います。
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/342-ce6d3372

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    kodona

    Author:kodona
    アニメやマンガ、ゲームといった「そっち方面」の娯楽を趣味としています。それらに関してのニュース記事を拾ってきたり、特定作品の感想やレビューなどをちょくちょく書いていこうと思っています。

    最新トラックバック

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。