Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/31-239ecc5f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    DQM テリーのワンダーランド3D

    ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
    (2012/05/31)
    Nintendo 3DS

    商品詳細を見る


    今回は『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』(以降テリワン3D)の事です。

    この作品は1998年にゲームボーイで発売された『テリーのワンダーランド』(以降テリワン)を、当時最新作だった『ジョーカー』シリーズのシステムを流用し、最新のグラフィックで蘇らせたリメイク作品です。故に、当時テリワンをプレイしてはいたものの以降の作品には触れていなかったという方が、懐かしさからこの作品を手にした場合、システムの違いに戸惑ってしまうかもしれません。順当にシリーズをプレーし続けてきた方でしたらすんなり順応できるとは思いますが、それでも「当時のシステムの方が良かったなぁ」と感じてしまう方も居ると思います。

    自分はそもそも『ドラゴンクエスト』という作品を好きになったきっかけがモンスターにあるため、モンスターを主体としたこのシリーズはまさに理想のソフトとも言えるもので、各種シリーズをプレーしてきました。それぞれかなりプレーしたと思いますが、最新作のテリワン3Dで言えば300時間以上はプレーしています。ただ、情けない事に50時間くらいは3DS開いたまま寝落ちしてしまったが故に経過した無駄な時間なんですが(;´Д`) そして、150時間くらいは卵割り(後述します)に割いた時間なので、正直言うと「やり込んだ」のとはちょっと違う気がしますね。実質ストーリー進行や育成に割いた時間は残りの100時間程度という事になります……。



    自分は『最強のパーティーを育成して大会で勝ち上がろう』とか、そんな野心は持ち合わせておりません。代わりに『モンスター全種類を仲間にする』とか『モンスター図鑑をコンプリートする』とか、そっち方面に対する野心はありまして、モンスターをコンプするために色々と動きました。動いた、と言うのは特定条件下でしか入手できないモンスターが存在しているためで、例えばマクドナルドにおける配信サービス『マックでDS』限定で配信されるモンスターが居たり、同じような手法でTSUTAYA限定配信のモンスターが居たりと、モンスターをコンプしようと思ったら、3DSを持ってプレーヤーがアクティブに動かないといけないのです。

    中でもユーザーを悩ませたのは『スラ忍シリーズ』と呼ばれる地域限定の配信モンスターです。例えば九州地方では『スラ忍ピンク』が配信されており、東北地方では『スラ忍イエロー』が配信されています。この場合、九州の人が東北のスラ忍イエローを入手するのは至難の業であり、モンスターのコンプを目標としている人の中には絶望すらした人も居たのではないでしょうか。私自身もそう思っていました。しかし、ある時期になって特定の施設限定で配信されるモンスターの存在が明らかになり、私はそれを手に入れるため少し遠出をしてモンスターを取りに行きました。するとそこは同じ目的の人でごった返しており、すれ違い通信が入れ食い状態でした。

    多くの方は現在の状況のパーティーを登録して配信していたり、「ぼくのかんがえたさいきょうのパーティー」を登録して配信していましたが、中には他の方を気遣うかのようにレアモンスターをパーティーに加えた状態で配信してくださっている方もいました。入手が至難だと前述したスラ忍もその例外ではなく、気が付けば全種類のスラ忍が一堂に会していました。例え地域限定であろうと入手条件が限られていようと、そういう心優しい方々が居たおかげで、一地方に居ながらにして一通りを入手できたわけです。



    配信以外で厄介だったのは『モンスターの卵』ですね。この卵からしか産まれないモンスターも存在しており、その入手方法もまた非常に手間が掛かるものでした。例えばその一種『わたぼう』というモンスターは、卵の中でも最高級な『虹のたまご』から稀にしか生まれません。その虹の卵は150000Gという高額(ゴールドカードで割引しても120000G)する上に、孵化させるにあたっては100万もの経験値を稼がなければなりません。パーティーメンバー一人でメタルキングを一匹倒せば15万の経験値を得られるとは言え、面倒臭い事この上ないです。

    ここでさらなる問題となるのが卵の『鑑定』です。モンスターじいさんのもとへ卵を持っていくと、タマゴの名前を教えてくれるのですが、このタマゴの名前でどんなモンスターが生まれるか大体見当がつきます。しかし、鑑定と同時にセーブされてしまうため、例え目当てのモンスターが産まれないと確定してしまってもやり直しが効きません。孵化させないと新たな卵を持ち込む事が出来ないため、言うまでも無く大幅なタイムロスです。自分が卵割りに時間を割く事になってしまった原因がコレです(つД`)



    そんなこんなで、現時点におけるモンスターのコンプリート率は99.8%まで来ています。数で言えば全609種類のうち608種類までは揃えている事になりますね。これだけ時間掛かっておいてまだコンプリート出来てねーのかよ、と思われるかもしれませんが、どういう訳か最後の一体については未だ何の情報も出ていないという……。


    DQ10の事はいいから最後の一体はよ!(゚Д゚)



    ちなみにストーリー進行に関してですが、こちらはそうそう苦労する事はありません。

    と言うのも、途中で他国のマスターと遭遇するからです。他国のマスターは遭遇した時点では考えられないくらいに強力なモンスターを連れているのですが、何とそれをスカウトしてしまう事が出来ます。強敵ゆえに確率は限りなく低いですが、肉を投入するなどして確率を上げ、何度も何度もやっていればいつかは何とかなります。自分は0.8%で他国マスターからサージタウスを奪った事がありますし、0%でさえなければきっと何とかなるハズです。

    そうしてスカウトできたモンスターは、その時点で即レギュラーを張れるくらいに強いため、以降はそのモンスターを主軸にパーティー編成をすれば、かなり楽に進めることが出来ます。さすがにテリワン3Dで新規追加されたシナリオを進むには厳しいかもしれませんが、従来のラストであった部分くらいまでなら何とかなると思います。


    自分はそこをクリアした時点で配合にハマってしまい、追加シナリオを進める前にメタルスターとダイヤモンドスライムを作り上げてしまいました。そろそろ進めなければとその二体で話を進めたところ、真のラスボスを相手にしてすらほぼノーダメージで勝利してしまうという事態に……。しかし、真のラスボスとはいっても所詮はCPU、人間が育て上げたモンスターと比べれば可愛いものです。人間は例えメタルスターであろうとも一撃で切り伏せられるくらい高い攻撃力のモンスターを普通にぶつけてきますからねw
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/31-239ecc5f

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    kodona

    Author:kodona
    アニメやマンガ、ゲームといった「そっち方面」の娯楽を趣味としています。それらに関してのニュース記事を拾ってきたり、特定作品の感想やレビューなどをちょくちょく書いていこうと思っています。

    最新トラックバック

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。