Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/15-86ea9f7a

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    大魔王と八つの柱駒 考察とか妄想とか

    第1弾と第2弾のストーリーダイジェストは公式ご覧ください(←

    ようするに「魔族が人間を侵略しようとしている!」→「親玉の大魔王を騙し討ちで封印だ!」→「あれ? 逆に魔族の侵略が盛んになったぞ?」→「実は大魔王は心優しい存在で荒くれ者のストッパーだった」→「仕方ない、封印解くから人間助けろ大魔王」ってのが始まりですね。本作における人間の存在は実に身勝手で、魔族の中にアンチ人間派が少なからず居るのも頷けますw

    で、大魔王アークの力を封印した八つの柱駒のうち1つは手元に、7つは部下だった七人の魔王がそれぞれ持っている。この魔王達の間でも思想が分かれており、アークを支持する者、反発する者と分かれるわけですね。アークはそんな経緯を経ながらも決して人間を嫌ってはおらず、誠心誠意人間のために旅を続けます……。第3弾では七魔王のうち六魔王の支持を取り付けるも、未だ悪しき人間を討つべしと考える竜魔王が残っています。アークの側近だったアルカナは、彼を想うが故に竜魔王に同調し、反逆します。描写からして「アーク様を利用する人間は許せない」だとか「人間の事ばかり考えてるアーク様のバカー」みたいな感じでしょう。しかし、アークも決して楽天的に考えている訳ではなく、人間の中に愚か者が居て、それがいずれ強大な敵として立ちふさがる事を解っているようです。それでもなお、人間も魔族も関係なく全てを救うと考えているんですね。

    今までの例で言うなら、次の第4弾でラストでしょうね。ついに魔族を滅ぼす野望を表に出して動き始めた大賢者ファウストがラスボス候補でしょうね。柱駒から吸収した魔力で禍々しい化け物となるか、神聖イエヤスみたく若々しく凛々しい姿となるか……。どちらにしろ、あの姿のままでは無いでしょう。しかし、第三弾の時点で最高レベル(パワー)50のキャラが出ちゃってるから、それ以上の強敵となると今まで通り∞マークでの表現になるんでしょうか。あるいは50の壁を突破した数字表記が出てくるのか。既に50突破してたのは出て……無かったよね?

    ヒイロをはじめとする人間達も今までの身勝手振りを反省して、魔族と真の意味で手を取り合えるようになるといいですね。




    あと、第三弾で登場したベルゼビュートとアスモディエスの二人は『異世界から来た』との事ですが、その異世界とは過去に彼らが登場していた作品の舞台(初期シリーズ~王我螺旋の章)に違いないでしょう。八柱の世界は初期シリーズの世界の過去とか未来でなく、別の世界だったんですね。しかも次元を超えて行き来できる……。となると、また初期シリーズの世界での物語や、双方を交えた物語の展開に期待が持てますね。

    気になるのは、王我螺旋の章からどれくらい時代が経っているのかって所。彼らは刺激を求めて各所を渡り歩いているようなので、王我螺旋の章が完結=平和になった=刺激が無くなったという事で、案外「直後」だったりするのかな? それとも、初期シリーズ第三章→神獄の章の時みたいに800万年とか、そんな途方も無い時が流れていたりするのかな? あとは、ゼクスファクター&七天の覇者の世界との繋がりが気になりますね。あの世界は初期シリーズの違う時間軸なのか、あるいは異世界なのか……。



    想像は尽きませんが、今回はこの辺で(´ω`)
    スポンサーサイト
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://chu2endless.blog.fc2.com/tb.php/15-86ea9f7a

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    kodona

    Author:kodona
    アニメやマンガ、ゲームといった「そっち方面」の娯楽を趣味としています。それらに関してのニュース記事を拾ってきたり、特定作品の感想やレビューなどをちょくちょく書いていこうと思っています。

    最新トラックバック

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。